私立中学校とは

私立中学校に通うと分かる学費と勉強

私立中学校の真実を知りたい方に必見です




HOME>私立中学校の修学旅行
私立中学校の修学旅行


 私立中学校も国公立と同様に修学旅行があります。しかし、私立ならではの修学旅行となります。
 私立中学校修学旅行先は、あなたが予想している通り国外となります。海外が一般的ですが、海外は治安が悪く、昨今ではテロ事件も多発しており、より一層の安全が求められています。
 ちょっと前までは、中学からヨーロッパなどを修学旅行先としておりましたが、パリでのテロ騒ぎや、移民による治安悪化などからヨーロッパを修学旅行先と考える学校が少なくなっています。そのため、北半球から南半球への修学旅行先が変更されています。例えば、オーストラリアやニュージーランドなど。カナダなんかも良いですね。カナダは、北半球ですね。
 しかし、私立中学校の中には、国内を修学旅行先とする学校もあります。ですから、親として心配な場合は、国内を修学旅行先とする学校へ入学することをオススメします。


それでは、子供の修学旅行を経験しておりますので、準備などについてご紹介します。
修学旅行の準備
 海外の修学旅行へ行くとして話を進めます。
1.手荷物
 スーツケースが一般的です。宿泊数にもよりますが、約一週間が多いかと思います。
 男女と言わず、着替えの服を宿泊先で洗うことはしないので、日数分が必要になります。終日制服を着る学校もありますが、下着類は日数分を用意した方が良いでしょう。ホームステイ的な修学旅行ですと、使える水の量が限定されますので、洗濯ができない場合もあります。スーツケースは、頑丈なサムソナイトが良いでしょうね。そして、一週間程度でしたら、容量として45L前後でしょう。
 
2.サブバッグ
 機内に持ち込める程度の取り扱いが簡単なバッグ。バッグと言うよりも手提げに近いですね。手提げ程度をイメージすると良いでしょう。但し、チャックで閉まるものを準備することが重要です。
3.アメニティ
 日本のホテルには、完備されているのが常識ですが、海外は無いと認識した方が良いでしょう。ですから、歯ブラシ・クシ・髭剃り(必要ないかな)・ヘアーキャップ・麺棒・ほか〜。
4.お菓子
 国によっては、お菓子を持ち込めない場合もあります。例えば、オーストラリアはそうですね。持ち込んでも問題ない場合は、準備しておくと良いでしょうね。食事がまずすぎて食べられない場合もありますから。聞いたところでは、お菓子で空腹をしのいだケースもあります。
5.
 持病など以外は、持参しません。保険担当の先生が一般的な薬を準備します。なお、持病等で薬が必要な場合は、医師の診断書(英語版)の提出を学校側から要求されます。ちなみに診断書は、発行してもらうのに費用が掛かります。
6.お金
 前もって、学校で指定された金額と上限がありますが各自で必要とする金額を換金します。学校側が換金の機会を作ります。何時までに日本円を持ってきてください。などのケースもあります。

関連情報
Copyright 私立中学校に通うと分かる学費と勉強 All Rights Reserved.