私立中学校とは

私立中学校に通うと分かる学費と勉強

私立中学校の真実を知りたい方に必見です




HOME>学費以外の教育費

私立中学校に通うと学費以外に掛かる教育費


 子供が私立中学校に通うことになると学費のほかに教育費が掛かることになります。教育費とは、塾の費用であったり教材の購入費用などが該当します。これが、意外と掛かるものなのです。そこで、我が子の経験を基にどの程度、学費以外に教育費としてお金が掛かるのかをお教えします。
 私立中学校に通うことになると学費がどの程度必要になるのかについて、理解していただけたかと思います。
 ここでは、学費以外の教育費といわれる年間掛かる費用について、経験したことをお教えします。
 学費のおさらいですが、学費直接私立中学校に支払うお金のこととしました。
 入学金・授業料・施設費・交通費などが該当します。
 ここでは、私立中学校に通うことになると掛かる学費以外の教育費については、お教えします。なお、教育費とは、ノートや筆記用具など・塾へ通うなどの費用のこととします。


【ノートや筆記用具に掛かる教育費】
 私立中学校の学年毎の平均授業科目数は、10科目程度です。国語・算数・理科・社会・音楽・地理・英語です。公立などと比べると多いです。数学は、2科目。英語も2科目。理科でも2科目。 そう考えるとノートだけでも単純に10冊以上必要になります。
 200円と考えて2,000円でしょうか、実際はこの倍以上と考えた方が良いでしょう。
 塾に通うと、その分のノートが必要になります。年間5,000円程度を考えておけば良いでしょう。ちなみに、ノートや筆記用具は、ネットで購入した方が安価で手に入ります。
 我が子は、筆記用具をちょくちょく購入していました。キャラクターのボールペンを集めることが趣味になっていた感がありました。よって、月1,000円程度使っていました。具体的には、蛍光ペンにシャーペンにボールペンです。場合によっては、月2,000円使う場合もありました。
 合計すると、年間で17,000円程度掛かることになりました。これが、教育費に該当します。
 楽天のネットショップが信頼できますから、こちらのようなネットショップで購入すれば価格も抑えられて経済的です。


【塾に掛かる教育費】
 私立中学校に通うのだから塾など行かなくとも大丈夫と考えていました。塾には、行くことが無いでしょうから塾に掛かる教育費は、発生しないと考えていました。しかし、我が子のできが悪いのか(^^;)授業の進む速さに付いていけない状況に陥りました。その結果、成績が悪くなり結局、塾に通わせることにしました。塾は、個別指導形式を選びました。
 理由としては、授業の進み方が公立とは違いますから、集団で受ける塾形式では、内容が違いますし、進みかたも違いますから塾に通う意味がないのです。
 一般的な私立中学校では、2年生には3年間分の授業が終わります。この早さなのです。
 ですから、個別指導形式を選びました。但し、全ての教科を教えてもらうのではなく、苦手な教科に的を絞って通わせました。それと、好きな教科も一つ。好きな教科が延びると、苦手な教科が伸びると言いますので期待を込めて通わせました。好きな教科が伸びると苦手な教科も若干ですが伸びていました。
 さて、教育費に該当する塾の費用ですが、週に二回で2科目。テスト前は、他の教科への教科変更ができました。そんな方法の個別授業で、月20,000円でした。
 年間は、240,000円程度の教育費が掛かることになります。
 よって、年間に私立中学校に通うことになると掛かる学費以外の教育費としては、257,000円程度となりました。意外と掛かります。ふぅ〜。(^^;)
 なお、塾選びに困ったら使って損がない本がこれです。この本は、色々と教育の情報を教えてくれます。

プレジデントFamily 塾選び習い事選び大百科2016 完全保存版 (プレジデントムック)

新品価格
¥1,080から
(2016/2/27 19:01時点)


Copyright 私立中学校に通うと分かる学費と勉強 All Rights Reserved.