私立中学校とは

私立中学校に通うと分かる学費と勉強

私立中学校の真実を知りたい方に必見です




HOME>私立中学校の携帯事情
私立中学校に通う子供の携帯電話事情


 私立中学校に通う子供の携帯電話事情について、我が子の経験からお教えします。
 一例としてですが、携帯電話やスマートフォンを使用している中学生がクラスに何人程度いると思いますか?
 我が子の経験では、クラスの95%が携帯電話スマートフォンを持っていました。なお、スマートフォンの保有割合が圧倒的に多かったと子供から聞いています。ちなみに、我が子には、中学の3年間は携帯電話スマートフォンを与えませんでした。しかし、保有率からもほぼすべての子供が携帯電話スマートフォンを保有しています。親としては、大きな問題が潜んでいることを知っているのですが、大きな時代の潮流には逆らなえないのです。情けないのですがこれが現状です。


 子供が携帯を持っていないことでの弊害
 例えば、
 ・友達と遊びに行った時の待ち合わせについての連絡。
 ・部活の遠征時の待ち合わせ連絡。
 ・登下校時に公共の乗り物が遅延した場合の親や学校への連絡。
 ・遊びの帰りに遅くなることを親に連絡。
 ・子供同士でラインを使用して、一斉に情報を連絡する場合。
 ・子供同士の情報が来ない。
 ・知らないうちに、ことが決まっている。
 ・仲間外れにされる。
 ・先生からの連絡が届かない。
 いずれにせよ、公衆電話が減っていることで、探すことに時間を要するようです。また、探しても無い場合が多いようです。
 ですが、連絡の手段は、色々あります。ちょっと考えれば、湯水の様に出てくるのですが、それさえもなくなりつつあります。
 
 子供が携帯を持っていることでの弊害
 例えば、
 ・親より使用方法を熟知しているので、親の知らないサイトを使用。
 ・如何わしいサイトを使用。
 ・誹謗中傷をラインにのせ、友達同士と共有。
 ・いじめのアイテム。
 ・なりすましでの、いじめ。
 ・集団的ないじめに使用。
 ・勉強量が低下。(この件は、学校側も非常に問題視しています)
 ・親に確認されないように、暗号セキュリティ。
 ・ゲームで遊び過ぎ。
 ・夜ふかし
 ・携帯依存
 いずれにせよ、携帯を持っていて良いこともありますが、良いことは極少ないようです。
 
 学校での携帯の取扱
 我が子の通う私立中学校では、登校したら教師に携帯を提出する。下校時に教師から携帯を返してもらうルールが徹底されていました。このルールを犯すと、親が呼び出しされます。親の呼び出し回数が規定以上に達すると一貫校でも高校への入学が不可能になります。

 家庭でのルール
 子供に携帯電話を持たせている知り合いに聞いたところ、自宅で携帯電話やスマートフォンを使用する場合は、
 ・親のいるところで使用する。
 ・20時以降は、親に返し使用しないこと。
 ・休日は、使用しない。
 など、少なからず家庭内のルールは、確実に守らせるようにしていると言っていました。
Copyright 私立中学校に通うと分かる学費と勉強 All Rights Reserved.