私立中学校とは

私立中学校に通うと分かる学費と勉強

私立中学校の真実を知りたい方に必見です




HOME>自宅でする勉強
私立中学校に通う子供の自宅でする勉強量


 私立中学校に通う子供が自宅に帰ってから、どの程度の勉強量を必要としているのかをお教えします。
 平日に自宅で行う勉強量は、平均して60分であり、休日に自宅で行う勉強量は、平均して120分と言われています。
 私立中学校へ入学後、当然ながら自宅勉強をします。
 我が家は、中学1年の1学期終了まで、勉強しなさいと言わずに過ごしていました。
 両親とも公立を出ていましたので、部活に励み、テスト数日前に勉強することが一般的だと思っていました。しかし、1学期が終了する間際に、期末テストが返され、その結果を見て点数の低さに驚きました。さらには、順位が表示されたのにも驚きました。じぇじぇじぇ〜(@_@;)恥ずかしく、穴があったら入りたい思いでした。
 その時に初めて、自宅で一定量の勉強を行うことが重要であることを知りました。
 保護者会では、自宅での勉強量が紹介されます。学力上位のクラスと一般的なクラスの生徒について、自宅に帰ってから行う勉強時間の比較が紹介されました。
 平日の勉強量は、平均60分
 休日の勉強量は、平均120分
 どの学校でも平均的に上記の時間のようです。
 ちなみに、勉強量が多い子供は、理解度も上がる傾向があると言われています。実際に勉強時間が多ければ理解度は上がります。
 通学時間が長いと時と場合によっては不利になる場合もありますが、通学時間が長いことで、通学時間を有効に使うことができ勉強の能率を上げる傾向があります。

 昨今では、スマホを持つ子供も多いので、けじめをつけることを苦手とする子供は、スマホが障害になっていると聞きます。これらのことから、スマホの為に勉強量の低下があると、学校側は説明をしていました。ですから、スマホを持たせる場合は、親とのルールを確実に守らせる必要があります。
 基本的にスマホ等は、学校に持っていくことを禁止している学校が多いようです。
 中学校1年も2年も3年競争が激しい私立中学校の場合は、自宅で行う勉強量が非常に重要になります。
 先に述べた時間がベースになり、ここからどの様に勉強の時間量を増やしていくかが課題になります。優秀な生徒は、時間数に関係ありませんが一般的な生徒は、時間に比例して理解度もアップします。
 自宅での勉強量は、先に述べた時間をベースにするところから、勉強量を決定して行くと良いかと思います。
 私立中学校の生徒は平均的に優秀です。ですから、勉強量が減るとあっという間に成績に差が出ます。恐ろしいスピードで差は開きます。継続して勉強が続けられるように、親としても環境を整える必要があります。
 ちなみに、我が家は、勉強の環境はリビングでした。テレビ・料理・会話が常にあるところで勉強をしていました。良く成績を維持していたものだぁ〜と我が子なりに感心したものです。
 なお、塾で勉強する時間数も上記の時間に含まれます
 中学生までは、親が時間管理をして勉強させることが重要であると先生方は、おっしゃっていました。

関連情報
Copyright 私立中学校に通うと分かる学費と勉強 All Rights Reserved.